庄内神社参照元:庄内神社HP

由緒

庄内神社が現在の地に御鎮座なりましたのは大正元年10月であります。

それまでは各大字(各村)に祀られていましたが、明治39年8月勅令第220号により七村社を合祀し、社号は一方に偏ることなく、又将来崇敬上のことも考え村名を用いて庄内神社と改称しました。

そして現在の地を境内地と定め、旧社殿及び社務所並びに鳥居・石灯篭・狛犬を移築し、大正元年10月16日浄闇、七社即ち八幡社三社、稲荷社三社、稜威(みいつ)天王社の御霊代(みたましろ)(御神体)を遷座し、翌17日正遷座祭を執行し以来この日を大祭として現在にいたっております。

御本殿は銅板葺き流れ造り、拝殿は銅板葺き入母屋(いりもや)造りとなっております。なお、拝殿につきましては、昭和37年に合祀50年を記念して改築されました。

庄内の街は戦後めざましい発展を遂げましたが、庄内神社は庄内地区の総氏神として五穀豊穣・商工業繁栄・家内安全・縁結び・健康長寿・厄除開運・安産の守護神として庄内地区はもとより、その他の地区の方からも広く崇敬されております。

境内神社

少彦名神社[すくなひこなじんじゃ](大黒社)
●御祭神 少彦名命・大己貴命・天照大神・住吉大神
●御神徳 健康長寿・厄除開運・国土守護・縁結び

蛭子神社[ひるこじんじゃ](恵比須社)
●御祭神 蛭子命・事代主神
●御神徳 福徳円満・商工業繁栄・開運

年中祭典

こちら

地図

tizu

LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on @nifty clip